3000万人全国統一署名に、ご協力をお願いします
東大和市民アクション
全国市民アクション
その他の団体
行動予定
はこちらです
最終更新日
2018年6月15日
          このポスターは東大和市民の手で2008年に作られました。ポスター夏憲法9条文


6月23日(土) 東大和母親のつどい・上映会
     「OKINAWA1965」を自主上映

  あなたにも知ってほしい 沖縄の怒りの原点を・・・     主催:東大和母親連絡会

 6月23日(土)13:30~、東大和市中央公民館ホールで、東大和母親のつどい・上映会を開催します。 主催は、東大和母親連絡会で、会費は500円です。
 上映する映画は、都鳥伸也監督作品・「OKINAWA1965」です。写真家・嬉野京子さんと都鳥兄弟の合作によるドキュメンタリー映画です。
 怒りと悲しみが続く沖縄。その原点はどこにあるのか。本土復帰前の沖縄。基地のない平和な沖縄をめざして闘ってきた人々を記録してきた嬉野京子さんの五十年に及ぶ取材活動と、 三十代の若者、都鳥兄弟の出会いによって生まれた必見すべき作品です。 多数のご来場をお待ちしています。


東大和母親のつどい・上映会のチラシはこちらです。



 

「3000万人署名」の第一次提出集会が開かれました  (6月 7日)

 2018年6月7日(木)午後、場所は衆院議員会館国際会議室で、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」の 第一次提出集会が開かれました。 東大和市民アクション・事務局からO氏が参加しました。市民達から出席した立憲野党議員達に提出されました。


集会の詳しい報告は、全国市民アクション・ホームページ・6月11日付け報告をご覧ください。



   

瓦版(かわらばん)第6号をお届けします  (6月15日)

東大和市民アクション・瓦版第6号のPDF版はこちらです。



 1350万人を超えた!さらに3000万人をめざそう (5月10日)

全国市民アクションが署名第3次集約に向けて、声明を発表しました

安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名
1350万人を超えた!さらに3000万人をめざそう

 「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)は、全国各地での一人ひとりのたゆみない努力の積み上げにより、 4月30日現在で署名数が1350万人を超え、5・3憲法集会で報告することができました。この間のみなさんのご努力に心からの敬意を表します。

 この5月31日には、3000万人署名は第3次集約となり、今国会での提出期限ぎりぎりの6月12日(火)に、全国市民アクションとして 衆参両院に最初の提出をする予定です。また、この提出日までにさらに署名を積み増すため、5月24日から30日までを「全国一斉街宣・署名週間」として、 みなさんに一層の取組みを呼びかけています。

 一方、安倍政権はこの間、森友・加計学園問題にみられる権力と国有財産の私物化や公文書の改ざん、度重なる虚偽答弁、自衛隊の「日報」隠しや 統幕幹部の野党国会議員への暴言、自民党議員と文科省による教育への介入、裁量労働をめぐる虚偽データ、財務省事務次官のセクハラ事件など、 政治と行政の責任や矜持・道義とはまったく無縁の「ウミ」だらけの姿が明かになりましたが、数を頼りの逃げと居直りに終始してきました。 このため、安倍内閣の支持率は軒並み急落し、退陣を求める声が大きく広がっています。

 この状況もあいまって、「安倍首相のもとでの9条改憲」は世論の過半数が反対し、「安倍4項目」の改憲案は自民党でも最終案にならず、 衆参の憲法審査会でも議論とならず、安倍首相が最短距離としてめざしていた「今国会での改憲発議」は事実上、不可能となりました。 実質的に約半年で達成された1350万人超の署名は、大きな成果をあげたと言えるでしょう。

 しかし安倍首相と自民党改憲本部の幹部たちは、なおも「今国会でできなくても、年内の早い時期に発議をめざす」と強弁し、安倍政権下での 改憲発議の方針にしがみついています。「安倍9条改憲NO!」の運動は、大きく広がってきましたが、まだ勝負はついていないのです。 彼らに憲法改悪をあきらめさせ、退陣に追い込むためには、私たちは手を緩めず、もうひと押しふた押しの努力が必要です。

 全国のみなさんがこのことを理解され、それぞれの地域の目標と全体での3000万人の目標を達成するため、ともに一層の努力をしていただくよう、お願いいたします。


2018年5月10日  安倍9条改憲NO!全国市民アクション



上へ戻る